IMG_9495

バジリスクⅡ以来長い間使われていたBAZOOKA筐体の後継機が登場!
最初はDOA5、その後はまどマギ2、バジリスク4などの注目機種もこの筐体が使われるようです。

ユニバーサルエンターテインメントは7月12日、都内江東区の本社で「SLOTデッド オア アライブ5」(ユニバーサルブロス社製)の記者発表会を開催した。

モチーフとなる「デッド オア アライブ5」はシリーズ累計970万本を販売した人気格闘ゲーム。女性キャラクターも人気で「世界一美しい格闘ゲーム」と評価される原作ゲームの世界観をフルHD液晶で再現した。

スペックはボーナス+ARTで、ビッグボーナスの獲得枚数は約220枚、ART「霧幻RUSH」の純増はゲームあたり1.74枚となっている。ARTはナビ回数管理を採用。ART1セットにあたる「JAC」のベルナビの回数は5回or50回となる。また、2種類ある押し順ベルのうち、どのベルがナビ回数減算対象となるかなどが異なる4種類のJACを搭載。2種類の双方が減算対象で平均20ゲーム継続の「霧幻JAC」、2種類のうち1つだけが減算対象で平均30ゲーム継続の「緑霧幻JAC」、2種類のうち出現率の低いベルだけが減算対象で平均60ゲーム継続の「赤霧幻JAC」、ベルナビ50回となり平均200ゲーム継続の「真霧幻JAC」となっている。また、上乗せ特化ゾーン「α-BURST」も搭載した。

チャンスゾーン「DEAD OR ALIVE」も搭載。突入時にJACの種類などの報酬を決定し、バトルに勝利すれば報酬分のARTを獲得できるが、バトルの展開で報酬が上乗せされる新感覚のチャンスゾーンとなっている。このチャンスゾーンはART突入の契機となるほか、ART消化中にも突入するため、上乗せの契機ともなっている。

また、同機より新筐体「BAZOOKAⅡ」を採用。スピーカーを筐体上部に搭載し音の臨場感を演出したほか、電飾も強化するなど、現在も高稼動する「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」でお馴染みの初代「BAZOOKA」から大幅なスケールアップを図った。

発表会の冒頭で挨拶したマーケット戦略室の長谷川崇彦室長は「同機は新筐体で市場に切り込む第1弾。おそらく次機種となる『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』、いつになるかは分からないが開発を進めている『バジリスク』の後継機もこの筐体で勝負をかけていくのでご期待いただきたい」と語った。

©コーエーテクモゲームス ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT


初代BAZOOKAからの変更点はスピーカー変更と電飾の強化。
デザインなどは見た感じあまり変わっていないようですね。

初めてBAZOOKAを触った時には重低音と音量の大きさに衝撃を受けた記憶があります。
あれから更にパワーアップ・・・あれで十分な気も・・・
パチスロはどこに向かっているのでしょうかww

ユニバーサルは今後この筐体を使ってまどマギ2やバジリスク4等の注目機種をリリースします。
楽しみですね。