まどマギ2

2013年12月に登場から2年9ヶ月が経ち、遂に後継機が登場です。
前作はホールで徐々に人気を博し、今でも多くの店舗で見かけますね。

どこが変わり、どこが受け継がれているのか注目です。  

PV
 

公式サイト
http://slot-madokamagica2.com/
 


スペック詳細
BB/ART/BB+ART/出率
設定1 1/297.9/1/424.4/1/175.0/98.5%
設定2 1/297.9/1/401.5/1/171.0/99.6%
設定3 1/290.0/1/376.4/1/163.8/101.1%
設定4 1/280.1/1/333.8/1/152.3/104.4%
設定5 1/265.3/1/299.7/1/140.7/107.4%
設定6 1/250.1/1/267.4/1/129.3/111.0%

※リアルボーナスはBBのみ

A+ART機
ART純増は約1.5枚 ボーナス込みで約2枚

千円ベース:約31G 
設定1コイン単価:約2.7円 

最近のA+ART機らしくボーナスはBBのみの仕様のようです。
少しボーナスが重いようですね。
次はゲーム性を見てみましょう。

通常中、約1/100程度でチャンスゾーンを抽選。
4種ありART期待度が33~80%と異なる。

ボーナスはBIGのみで獲得枚数は約150枚。
消化中の7揃いでART獲得。

ARTは1set50G+α、G数上乗せとset数ストックタイプで、2種の上乗せ特化ゾーンを搭載。
特化ゾーンはワルプルギスの夜とマギカクエスト。

ワルプルギスの夜は、1set5G×ループ率75~90%、
1set毎に上乗せG数を獲得、4の倍数のsetは上乗せ優遇(前作は5の倍数)
初回は4setが保証されている。

マギカクエストはすごろく形式で、ベルやレア役を引くタイミングで上乗せが発生。
タイミングにより裏モードに移行することも。上乗せ性能がUP。
更に裏モード中のボーナスで消化中の30G間毎G上乗せ。

前作の穢れシステムを継承。
天井はBB、ART間1,000G。設定変更後は600G。

通常時1/100程度でCZに入るということなのでボーナスに比べARTはそれほど重くないのかもしれません。

前作からワルプルギスの夜や穢れシステムを継承。
穢れの仕様も前作と同じで、溜まりきるまで減算は無いようです。

アルティメットバトルがなくなってしまったのが個人的にはちょっと残念・・・。
代わりにに追加されたマギカクエストの上乗せ性能が良さそうですね。
裏モードや裏モード中のボーナスは爆発契機になりそうです。


参考元:http://ameblo.jp/modeone/entry-12186212165.html 


☆★☆あとがき☆★☆
大人気シリーズの後継機ということでホールでの扱いも良さそうです。
前作同様長期に渡りホールの看板機種となれるのでしょうか。