y16-54fda

エヴァンゲリヲンシリーズの2作がリユース機として帰ってきます。
気になる導入時期とスペックは!


 フィールズはパチンコ・エヴァシリーズの新基準に対応した新スペックのリユース機として、ともにビスティ製の『CRヱヴァンゲリヲン9 180Ver.』及び『CRヱヴァンゲリヲン10 SPEED IMPACT』の2タイトルを発表した。

 『CRヱヴァンゲリヲン9 180Ver.』はライトミドルのSTタイプで全ての大当たり後に30回転のSTに突入。通常時8個保留で、特図1は5ラウンド確変+電サポ30回:5ラウンド確変+電サポ100回が85:15、特図2は15ラウンド確変+電サポ100回:8ラウンド確変+電サポ30回:5ラウンド確変+電サポ30回が40:32:28の振り分けとなる。電サポ中の大当たりはラウンド数の振り分けは変わらないが、電サポは全て100回。

 大当たり確率は1/179.6(高確率時1/37.4)。賞球数5&1&3&7&12で大当たりの最大払出個数は1440個。

 一方の、『CRヱヴァンゲリヲン10 SPEED IMPACT』は大当たり確率1/198.6(高確率時1/55.5)の確変ループタイプ。確変割合は65%で、非確変時には電サポが付かないメリハリの効いたスペックだ。

 大当たり時のラウンド振り分けはヘソが16ラウンド確変:4ラウンド確変:4ラウンド通常=20:45:35、電チューが16ラウンド確変:4ラウンド通常=65:35。

 賞球数は5&1&3&12で、大当たりの最大払出個数は1536個となる。

 納品は両機種とも、9月上旬より開始予定となっている。


エヴァ9は大当たり確率1/180でSTタイプ、
エヴァ10は大当たり確率1/198.6で確変タイプの台のようですね。
 
エヴァ9はST確率100%、電サポ中の辺りには必ずST30回と時短70回が付きます。
かなり遊びやすいスペックではないでしょうか。

エヴァ10には時短が無いようです。
その代わり電サポ中の確変は全て16Rとなっています。
65%規制の中、その65%に全てを賭けている台という印象です。
少し触るのが怖いような尖ったスペックですね。

導入時期は9月上旬。



☆★☆あとがき☆★☆
エヴァ9は演出面が好きだったので近場で導入があれば触ってみたいです。
最近リユース機や復刻版が流行っているようなので、昔のエヴァシリーズを復刻して欲しいなぁ。
シトフタ、福音あたりを是非に!!!