3a78cf37

最近よく聞く「ちょい◯◯」、ついにちょいパチが登場です。
その内ちょいスロも登場するのかなぁ。
せみ?リラックマ?流行んなかったぞ! 

牛丼チェーンなどを中心に、参入が相次ぐ「ちょい飲み」サービス。
そのブームにあやかろうと、パチンコ業界も動きだした。短時間で楽しみたいというファンのニーズに応え、短時間でさくさくと勝負できる「ちょいパチ」をこの6月にデビューさせたのだ。パチンコメーカー、大一商会の販売担当が説明する。

「当社の『ちょいパチ』は『CR天才バカボン~V!V!バカボット!~』という機種です。スペックは大当たり確率30分の1で、出玉は200個ほど。初当たりまでの遊技金額は2000円未満を想定しています。これなら30分もあれば、数度の大当たりを引ける。大当たりのドキドキ感を体験したいライトユーザー向けの台ですね」

確かに昨今のパチンコは大当たり確率300分の1~400分の1のハイスペック機種が主流で、初当たりを引くまでに1、2時間、投資金額も数万円になることもしばしばだった。これでは時間なし、カネなしの庶民は手が出ない。でも「ちょいパチ」なら、気軽にパチンコホールに立ち寄れるようになる。

(中略)

「『ちょいパチ』販売にあたって、メーカーは『8台以上の導入、4円遊技専用』という条件をつけている。これがミソなんです。4円パチンコは1円パチンコに比べ、投資金額がかさむ分、ギャンブル性が高くなる。でも、その4円パチンコの島に8台以上のボリュームで『ちょいパチ』があれば、ギャンブル性の高くない営業を警察に印象づけることができるというわけです」
ただし、「ちょいパチ」にはこんな難点が。
「さくさくと大当たりするのでスランプがない。そのため、くぎ調整の良しあしなど、出る台と出ない台の区別がはっきりとわかるので、プロの餌食になりやすいんです。当然、ホールはくぎを辛くして防衛するしかない。そうなれば、『ちょいパチ』の魅力は半減しかねません」
果たして、「ちょいパチ」は不正機72万台撤去に揺れるパチンコ業界の救世主となれるのだろうか?


>ギャンブル性の高くない営業を警察に印象づけることができる

>ギャンブル性の高くない営業を警察に印象づけることができる 

>ギャンブル性の高くない営業を警察に印象づけることができる 

え?パチンコってギャンブルだったんですか(´・ω・`)?

とまぁ冗談はさておき記事内でも触れられているようにプロ御用達機になる可能性が高いのでホールでの扱いは厳しそうですね。
軽い当たりということで未経験者にも触りやすい台になりそうです。 
これによってパチンコユーザーが増えるのかどうか気になりますね。
演出バランスや変動時間なんかを意識して作れば割りと面白そうではありますけどね。
悪質なお店だとちょいパチコーナーにX-FILESとかピラミッ伝とか置きそう(遠い目)。
私は飛びつきますけどね!

「ホールにとっての」救世主となれるのか?
ちょいパチ、注目です。


☆★☆あとがき☆★☆
にしても何故バカボンなのか。